HOME > 基礎知識一覧 > プレイ後のピロートークの重要さ

ランキング一覧はこちらから

プレイ後のピロートークの重要さ

白い下着の女性

ピロートーク、それはプレイが終わった後に紡がれる会話です。デリヘルではプレイが終わった後にもシャワータイムを挟みますが、そうした中でもピロートークをすることが出来ます。またベッドに戻ってきて時間が余っていると、ちょっとした雑談をすることがあるかもしれませんが、これもまたピロートークといえるかもしれません。
デリヘルを利用した男性の中には、充実したプレイをしたことによっていわゆる賢者タイムになってしまう人がいるでしょう。心では満足していても体はその賢者タイムによってだるだるになってしまい、動くことだけでなく喋ることも億劫になってしまっている。そんな人です。
賢者タイムというのはなかなかに厄介なもので、男性の中には本当に気だるさがなかなか抜けず、数分間はベッドに横になったままという人がいるくらいです。そうしてしまうことにより、ピロートークをする余裕がなくなってしまいます。ですが女性にとってピロートークというのは実は意外に重要な要素を含んでいます。
とある研究にはこうあります。「オーガズムを迎えた後女性はオキシトシンが男性より多く分泌されるので、性行為をした相手に対して多くの気持ちを語るようになる。この現象は関係の長さや深さには関係ない」とされています。オキシトシンは幸せホルモン、愛情ホルモンとも呼ばれ、ストレスを緩和し、幸せな気分をもたらす要素です。ということは風俗嬢とその客という浅い間柄でも、ピロートークをすれば相手と親密な関係を築くことが出来る可能性を秘めています。
とはいえピロートークって何を話せばいいのかわからない人もいるでしょう。まずは感謝の気持ちから始めたほうが無難です。デリヘルは遊びの関係であることは間違いありません。ですが性行為というのはそう易々と出来るようなものではありません。だからこそ感謝の気持ち「ありがとう」を口にするだけでも充分といえます。風俗嬢にとっても客が満足してくれた証を聞くことが出来るので、自分の仕事などに安心感が生まれます。
続けてプレイ内容を振り返っていくというのもいいでしょう。どういったプレイが気持ち良かったのかというものを褒めることで、相手に対してより安心感を与えていくことが出来るでしょう。ただしこれがダメだったという風に傷つけることは控えておいた方がいいかもしれません。
こういう風に褒めるところから入っていくことでピロートークを進めていくことが出来ます。これによりいいお客さまだった、という印象を与えることで次の機会にまた指名すれば好印象のままプレイに及ぶことが出来るでしょう。だからこそピロートークは意外と重要なものといえます。

ランキング一覧はこちらから